« 豪雨来襲! | トップページ | 赤ちゃんの脳を育む! »

ドラマ「アイシテル-海容-」、泣けましたが・・・

ドラマ「アイシテル-海容-」、今見終わったところです。

こどもがこどもを殺すという重~いドラマでした。

加害者と被害者のそれぞれの家族の想いが描かれていて・・・

とりあえず泣けました。

泣けましたけど、殺人という重いテーマなのにそれぞれのキャラクターの感情がなんだか軽すぎるような・・・

だってこどもが殺されたというのに、被害者の母親が加害者の母親にあんな立派な態度とれますか?

そしてたった1年であんなに明るい家族になっている。

また加害者も未成年とはいえ、たった1年で出所して、その家族も当たり前のように彼を受け入れて・・・

私はこどもがいないので、なんとも言えないですが、でももし私にこどもがいて、そのこどもが殺されはしないにしても亡くなったりしたら、とてもあんな風ではいられないと思うのですが・・・

逆の立場でもまたしかり・・・

しょせん3ヶ月足らずのドラマだからなのでしょうか?

原作の漫画はどうなんでしょうか?

でもこちらも前後編の2巻。

これでこのテーマを描ききれているのでしょうか?

   

|

« 豪雨来襲! | トップページ | 赤ちゃんの脳を育む! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225870/30156659

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「アイシテル-海容-」、泣けましたが・・・:

« 豪雨来襲! | トップページ | 赤ちゃんの脳を育む! »